FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

たかの由梨びゅ~てぃ~くりにっく

たかのゆりで遊んでた人の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

さーて。また感想を。 

全然プレイしてないけど、テンプレートにやたら推薦してくるので適用してあげました。
やったことないけど。このMMO。

最近観た順から遡ってみます。
より記憶が鮮明な順ってことでw

1.インセプション
あのケン・ワタナベが出演していることでブームになった映画です。
んまー監督が10年も構想を寝かせただけあって、話が複雑。
ワーナーの映画とは思えないほどに難解。モー難解。
これは誰の夢でー、ここでは誰の夢でー、ここの目的はこうでー。。。

ふぬーーーー(#・∀・)ーーー!!!

仕事終わりでクタクタのノーミソまた働かせようってかっ!!!
( ゚д゚)、ペッペッペッ

50点。でも映像は素敵だから、ストーリー曖昧でも許せたw
後は個人的にディカプリオ主演の映画が好きだから。


2.バタフライ・エフェクト
なにこれ超ー面白いんですけど!!!
最初、どゆこと?って感じだったけど、ストーリー把握できてからは楽しい。
エンディングも好き。やっぱこういう教訓でなくちゃ。
んで、あんなに太ってても映画俳優として出演できるんだから、アメリカンドリームって素敵。

映画の冒頭でテロップで出てくるカオス理論。
「蝶の羽ばたき1つのせいで、その地球の裏では大変なことになってるかもしれない」
・・・なんて中2的理論・・・(´∀`*)

「あーっ!オメーのせいでこーなったんだぞ! もーしらねっ!」

っていう小学生の絵が思い浮かびました(←多分理論取り違ってるけどw)

これは80点くらいあげたい。アイディア勝負の映画かと。


3.ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
死亡宣告を食らった男2名が、どーせ死んじゃうんだからハデに行こうぜ!となる映画。
そんなノリだけど、エンディングに近くなると、結構ホロリとしそうになる。
やけに物分かりの良いギャングばかり出現するなど、ストーリーはちょっと強引なところもあるけど、
人の最後ってこういうもんなのかもね。
結果としては中途半端かもだけど、その人にとっては最高な最後だったのかもしれない。
・・・と、観たことある人用のコメント。

でも60点。こういう映画はむしろ家庭でみんなで観てる方が良い。


4.マシニスト
あのダーク・ナイトでジョーカー役をやった俳優さんの主演映画。
死んじゃったんだよね、この人・・・。
ダーク・ナイトでも迫真の演技で完全に主演を食ってましたが、この映画の迫力もすごい。
だんだん話の筋が分かっていく映画なんで個人的大好物。
エンディングでお腹いっぱい。ちょっと色々疑問は残るけど、全部解決しちゃつまらないよね。
ラスト30分はかなり目が醒めました。

80点は固い映画。好きな映画にノミネートしました。


5.戦場のピアニスト
シンドラーのリストで予習は完璧。
あまり話の盛り上がりに起伏はないけど、実際の体験談を元に作られているはずだから
当時のディテールというのはかなり出てたと思う。
ほんと、肌の色で区別したり、産まれで区別したり、どうしてこうなるかね?
同じ人間じゃん!と、よくあるセリフの1つでも言いたくなる映画。
最後の方で出てくるナチス兵の描写の扱いに気に食わないものがあるものの、全体としては面白かったです。


話に起伏を感じなかったので60点。ちょっと有名な1市民だからしょうがないか。。。


6.ゴッドファーザー2
1の方が良かった。以上。

でも65点。決してつまらない映画ではなかった。
後編は子供を産む/産まないでモメるシーン,ファミリーの掟を遂行するシーン,ドンの所へ行って○○するシーンなど、結構刺激的なんですけどね。前半がね・・・間延びというかね・・・・。


7.スリーピー・ホロウ
ジョニーデップ主演,結構名画だよ!という声を良く聞いたので借りてみましたが、ちょっとお口には合いませんでした・・・。
首なし騎士がとある村を夜な夜な襲撃するという奇っ怪事件に、若手刑事が科学の力で解明しに出向くというのが大筋のストーリーなんですが、結局首なし騎士のトリックというか正体というか、それがああいうオチとは・・・。
大槻教授が観てたら怒りますよ?w
せめてプラズマのせいにしてほしかった。

40点。ハリーポッターとか苦手な人にはオススメしません。


8.アメリカンギャングスター
大好物の実話。でもギャングがデンゼル・ワシントン。超違和感。
その違和感はラスト10分で解消。
なるほど、監督はコレしたかっただけなのね。
それでデンゼル・ワシントン起用なのね。
そういう意味ではすっきりしたけど、話としては全然すっきりしない。むしろ、蛇足。
この話の一番美味しいところなのは分かるケド。超腰砕け。

もーぜんぜん0点。ノンフィクションをフライで揚げてソースかけたようなもん。
ノンフィクションの題材の使い方間違えすぎ。さっと湯通しで醤油で食べるようなもんよ。
鮮度が一番。リアリティが一番。それ出せるのはデンゼル・ワシントンじゃない。あれは警官が適正。


9.寝取られ男のラブバカンス&41歳の童貞男
ラブバカンスでは生のティンティンが見れるという貴重な映画。
俳優でしょ?と思ったけど、ハル・ベリーが裸になってる映画もあることだし、アッチの世界では大した話題性もなく普通なのかな?
寝取られ男のラブバカンスはストーリーが面白い。ちょっと長いけど。

41歳の童貞男は、キャラが面白い。
インド系の顔したおっさんの役とか、出る度に笑えた。
だいぶ狙ったコメディ映画なのに、久々に笑えた。シモネタ好きだということがよく分かったw


シモネタ好きなら80点、シモネタ嫌いなら20点。
でも、正直そう言うの抜きに観てほしい映画。
DVD特典のメイキング観てると、楽しそうな現場だなぁとは思いつつ、出演者みんな笑いの沸点低すぎて幸せそうだった。
スポンサーサイト

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://takanoyuririn.blog122.fc2.com/tb.php/51-11692435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。